HDDのシステム領域を削除する

a0002_003097_m

前回、SSDに換装して余っていたHDDをHDDケースへ入れて再利用する方法を紹介しました。

換装して余ったHDDを再利用する
以前、サブPCとして使っているEee PC 1005HAのHDDをSSDに換装しました。 そのおかげで、サブPCもかなり使いやすくなったの...

しかし、PCに接続してフォーマットしなおせばすぐに使えるのかと言えば、答えはYesでもあるしNoでもあります。

なぜなら、ノートPCで使用していたHDDは、Windowsがシステムで利用する領域を自動的に確保していたため、単純にフォーマットだけしてもHDDのすべての領域は利用可能とはならないようなんです。

今回はHDDの領域(パーティションといいます)の確保をやり直すことで、HDD全体を自由に使えるようにする方法です。

スポンサーリンク

Windows標準の方法で領域削除する

まずはWindows標準の方法で不要な領域を削除していきましょう。

Windows10では、メニューを右クリックしたところ「ディスクの管理」という項目がありますので、これを起動します。

2016-04-02

既に領域を削除した後のSSですが、このようになっています。

ディスク0は、換装したSSDです。ただでさえ少ない容量をさらにパーティション分けしてWindows10とUbuntuをインストールしています。

HDDケースに入ったHDDは、ディスク1です。

一旦すべての領域を削除したいので、該当する領域でマウスの右クリックから「削除」を選んでいけば、たいていの領域は削除できます。

削除すると中のデータはすべて消えますので、指定を間違えていないかはよく確認しながら作業してくださいね。

さて、上のSSでは、ディスク1の真ん中に「回復パーティション」という名前のものがあります。

この領域、「ディスクの管理」ツールでは削除できないようなのです。

このままではHDDが真ん中できれいに分割されてしまっていますので、この回復パーティションも削除して、150GBが1つの領域として使えるようにしていきます。

困ったときのコマンドプロンプト!DISKPARTコマンドを使う!

さてそれでは本題。ツールで消せなかった回復パーティションを削除していきます。

そのためにはコマンドプロンプトを使用します。

コマンドプロンプトを起動しましょう。管理者用でなくても大丈夫です。

コマンドプロントが起動したら、さっそくコマンドを入れます。

ここで使っていくコマンドはDISKPARTというものになります。

コマンドを入れるとDISKPARTが起動します。プロンプトが「DISKPART」となっているのでわかりますね。

2016-04-02 (1)

まずは状態を確認するためのコマンドです

「list disk」と入れてみましょう。

先ほどのディスクの管理ツールと同様、ディスク0とディスク1が出てきました。ここでターゲットとなるディスク番号を確認してくださいね。

おっさんの環境では、対象はディスク1となります。

2016-04-02 (2)

では、この後作業対象とするディスクを指定します。

「select disk 1」と入れます。(くれぐれも、自分の環境に合わせてくださいね)

2016-04-02 (3)

対象がディスク1になったところで、ディスク1のパーティション状況を確認します。

「list partition」と入れてみます。

残っていた「回復パーティション」が表示されましたね。ここで表示されたパーティション番号(1)に対して次のコマンドを入れます。

2016-04-02 (4)

「select partition 1」と入力し、操作対象パーティションを宣言します。

2016-04-02 (5)

いよいよ本番です。ここまでの操作に間違いはありませんね?

間違ったパーティションを指定していると、Windowsが起動しなくなったり大事なデータが消えたりしますので慎重に!

では行きましょう。最後のコマンドです。

「delete partition」

2016-04-02 (6)

はい、エラーです(笑)

パーティションの種類によっては保護されているらしく、簡単には削除できないようになっています。

もう一度、パーティションが間違っていないことを確認したら、もう一度削除コマンドを試しましょう。

今度はオプションを付けます。

「delete partition override」

override というオプションを付けることで、強制的に削除を実行させます。

2016-04-02 (7)

削除が済んだら最後にもう一度パーティションの状態を確認です。

「list partition」と入力し、パーティションが消えたことが確認できました。

ここまでで作業は終了です。

最後に「ディスクの管理」ツールで見てみても、ディスク1のパーティションはすべて消えたのがわかります。

2016-04-02 (8)

さいごに

あとは、ディスクの管理ツールでパーティションの割り当て、フォーマットを行えば、外付けHDDとして自由に使うことが出来ます。

150GBしかないので、細かく分割しないで1つのパーティションにするのが使い勝手もよさそうです。

今回紹介したコマンドプロンプトでの操作は、慣れていない人からするととても怖いかもしれません。

しかし、順番に見ていけば何をやっているコマンドなのかわかるように説明したつもりです。

指定さえ間違えなければ何も怖いことはありませんので、自称中級者以上の方であれば是非チャレンジしていただきたいです。

もちろん、操作ミスなどで何が起きてもこちらでは責任は取れませんので、その点だけはご了承ください。