EeePC 1005HAにWindows10を入れてみたら思った以上に快適だった

P_500

みなさん、お使いのPCはWindows10にしてみましたか?

先日の記事のとおり、おっさんのメインPCはWindows10とWindows7のデュアルブートなっています。

Windows10のほうも全く問題は起きず、使っていたアプリケーションを徐々にWindows10環境に移行しています。普段の作業はWindows10だけで済むようになっており、久しぶりに使うアプリケーションのときに、移行を済ませてから使うといった具合で移行を進めています。

さて、おっさんの使っているPCは、メインのデスクトップ以外に、サブのノートPCがあります。

Windows7の初期に流行ったネットブックといわれたPCで、ASUSのEeePC 1005HAという機種です。

今回はこのノートPCにWindows10を入れてみたので、その手順と感想をメモの意味合いを込めて記事にしておきます。

スポンサーリンク

EeePC 1005HAの思い出?

EeePC 1005HAは、なかなか売れたネットブックなので、当時は改造記事なども沢山ありました。

しかし、時は流れ、今ではネットブックを使っている人なんて、よっぽどの変人PC好きしかいないのではないでしょうか?

購入当時は、WindowsXPだったこのPC、Windwos8のプレビュー版を経て、優待で購入したWindows8を入れたものの、動作の重さに耐えきれずに軽量Linuxとのデュアルブートにしていました。

Windows側はWindows8.1にアップデートし、メモリも2GBに増設していましたが、やはり重くてほとんど使わず。ほぼ、Linuxマシンとして、日々のブラウジングに使われていました。

そんな中Windows10の発売から1か月も過ぎると、Windows10は今までのOSよりも軽く、Windows8.1が重かったPCでも比較的軽く動作するというブログをいくつか目にするように。

よしならば、ということで、Windows8.1をWindows10にアップグレードして、再びEeePC 1005HAがWindowsパソコンとして復活するかを試してみました。

Windows10へのアップグレード

Windows8.1からWindows10のアップグレードは、予約アプリを使ってアップグレードするのが一般的だと思うのですが、今まで放置していたからなのか、はたまたあまりにも古いPCだからなのか、予約をしてもアップグレードが下りてくる気配がありません。

ということで、手動でWindows10へのアップグレードを実施することに。

マイクロソフトのサイトから、Windows10アップグレード用のツールをダウンロードして実行します。

ツールの中で、すぐにインストールするか、アップグレード用のメディアを作るかを聞いてくるので、すぐにインストールを選んだのですが。。。

ダウンロード、準備、と長々と時間がかかったのですが、その後、ツールが自動的に終了して、そのまま何も起きず。

正しい動作がどのようなものなのかよくわからなかったのですが、これは失敗とみなして、ダウンロードメディアからアップグレードすることにしました。

メディアの作成は別のPCでも出来ますので、処理能力の高いメインPCでインストール用のUSBメモリを作り、そこにあるsetup.exeを実行することでアップグレード開始です。

Windows10のアップグレード用メディアの作成については、別記事として後日書こうと思います。

追記:メディア作成記事をアップしました

Windows10 ISOをダウンロードしてインストールメディアを作成する方法
家電量販店ではそろそろWindows10搭載パソコンが並び始めましたね。 本格的に出そろうのは冬商戦だと思うのでもう少し先だとは思いますが...

さて、作成したUSBのsetup.exeを使うと、特に問題なくアップグレードが進んでいきます。

インストール作業中、自動的に何度か再起動があり、いくつかの設定をするとアップグレードは完了。

みごと、EeePC 1005HAの液晶に、Windows10でデスクトップが表示されました。

デバイスドライバの追加

デバイスマネージャを見てみると、認識できていないデバイスは特にないようです。

特にこのままでも不自由はなさそうですが、いくつか動作していない機能があるので、その対応をしておきます。

Fnキー対応

まずは、「Fnキー+ファンクションキー」で動く各種動作。

画面の明るさの調整は動くようですが、その他の機能が反応しないようです。

特にボリュームはあると便利なので、この機能が使えるようにしたいと思います。

ASUSのサイトにいき、ドライバのダウンロードのページに行きます。

http://www.asus.com/jp/Notebooks_Ultrabooks/Eee_PC_1005HA_Seashell/HelpDesk_Download/

当然のように、Windows10用などありませんので、一番新しい、Windows7用から探していきます。

ATKというカテゴリにある、「ASUS KB Filter Driver」をダウンロード、解凍して、その中にある「Win7」フォルダの「HotkeyService」にある「HotkeyService_1.45」を実行します。

HotkeyServiceを入れるのなら、先ほどのサイトの1つ下に「HotkeyService」があるので、それを入れればいいと思ったのですが、そっちはバージョンが違っており、インストールするとエラーが出るばかりで「Fnキー」は使えるようにはなりませんでした。

なのでわかりにくいですが、、「ASUS KB Filter Driver」の中にある「HotkeyService」をインストールします。

これで「Fnキー」が機能し、ボリューム操作ができるようになりました。

タッチパッドドライバの追加

もう一つはタッチパッド関連です。

デバイスマネージャを見ると、普通のマウスドライバが入っているだけでしたので、同じくASUSのサイトからドライバを落としてインストールします。

こっちは迷うことなく、「タッチパッド」カテゴリにある一番新しい「Touchpad Driver」をインストールすれば問題解決となりました。

EeePC 1005HAでのWindows10の使用感

Windows10をインストール後、WindowsUpdateを実行したあと、まずはこの記事を作成していますが、とにかく順調です。

目立った不調も今のところありません。

しかも前評判通り、Windows8、Windows8.1のころよりも軽くなっている気がします。

WindowsXP搭載マシンにメモリ増設をしただけのこのPCが、こんなに軽く復活するとは思いもしませんでした。

もう少し使ってみて問題なさそうなら、SSDへの換装をしてあげてもいいかなとも思います。

とはいえ、今のところ、HDDのままでも十分なんじゃないかと思うくらいのパフォーマンスを発揮してくれていますけどね。