横浜開港祭に行ってきました!花火は開催日に注意!

横浜開港祭が始まっています!

今年の横浜開港祭は、5月30日、31日、6月2日となっていますが、気をつけて欲しいのは、花火が打ち上がるのは、6月2日だけということです!

たまに間違えている人がいるようなので、最初に言っておきますね。

スポンサーリンク

横浜開港祭はこんな感じ

横浜開港祭のメイン会場は、臨港パークになります。

横浜開港祭

臨港パークは、みなとみらい駅からインターコンチネンタルホテルやパシフィコ横浜の方へ歩けば到着しますよ。

ここは芝生は生い茂っていて、この季節はピクニックにも最適です。

臨港パークは海に面した横に広い公園なので、海沿いを散歩するのも気持ちいいですね。

パークの左奥のほうにはフード販売があって賑わっていました。

横浜開港祭

さらにその奥をちょっとあがったところ、マップではドッグランと書かれているところの横に、馬が2等おり、乗馬体験をしている子供がいましたよ!

横浜開港祭

横浜開港祭でみつけたちょっとお得情報

昨日、散歩がてらに横浜開港祭に行ってきましたので、ちょっとお得情報を。

ハーバーで有名なありあけがお店を出していたのですが、ありあけのお菓子の訳あり品を格安で販売していましたよ!

ノーマルのハーバー、ハーバー黒船に加え、期間限定発売で話題の、ブルーベリーハーバーも、通常180円位のものを、なんと100円で販売していましたよ!

生月餅のとうふくは、100円が50円になっていました!

わけありハーバー

ハーバー、ハーバー黒船は、透明のパッケージに入っていますが、ブルーベリーハーバーは通常販売している「まれ」の特別パッケージのままで販売しています。

先日食べたばかりなので、ブルーベリーハーバーは購入していないため写真はありませんが。

先日のブルーベリーハーバーの記事はこちら

ありあけのハーバーが「まれ」とコラボした、ブルーベリー味を食べてみた
ありあけのブルーベリーハーバー、ご存知ですか? ありあけというのは、横浜のお菓子メーカーです。 そんなありあけが出しているお菓子で有名な...

訳あり品といっても、ちょっと形が崩れているとかなので、味は全く変わらないとのことでした。

食べたことのない人は、この機会に買って試してみてはどうですか?