ミニバードでのWordPress簡単インストール方法

a0002_003097_m

こんばんは、おっさんです。

前回ミニバードの契約をしました。

ミニバード契約については、こちらの記事をご覧ください。

格安レンタルサーバのミニバードを契約する
前回記事で、格安レンタルサーバへ移転すべく比較を行いました。 そして比較の結果ミニバード への移転を決定しました。 今回は、ミニバー...

今回は、ミニバードでWordPressを使えるようにしましょう。

それではさっそく本題に入ります。

スポンサーリンク

ミニバードのサーバ管理ツールにアクセスする

まずはネットオウルにログインしましょう。

https://secure.netowl.jp/netowl/

メールアドレスとパスワードを入力して管理画面を表示させます。

管理画面を下にスクロールすると提携サービス一覧が出てきますので、ミニバードの「管理画面」をクリックします。

owl-1

ミニバードのアカウント一覧が出てきますので、該当アカウントの「サーバ管理ツール」をクリックしましょう。

mini-01

ミニバードのサーバ管理ツールが表示されました。

この画面からドメイン設定やWordPressの追加などを行います。

mini-02

ドメインを設定する

まずはドメインを設定しましょう。

左側のメニューから「ドメイン設定」をクリックします。

mini-03

ドメイン一覧には、ミニバード契約時に決めたドメインが既に登録されていると思います。これは削除不可です。

自分で用意した独自ドメインは「ドメイン追加」タブから登録することになります。

また、「ネットオウルのドメイン」タブから、ミニバードが用意しているドメインを利用することが出来るようです。こちらは3つまで追加できるようですので、ちょっとしたテストなどをしたいときに使うと便利かもしれません。

今回は、あらかじめ用意されているデフォルトのドメイン名を利用してWordPressをインストールしていこうと思います。

WordPress簡単インストール

左側メニュー「ホームページ」カテゴリにある「簡単インストール」をクリックします。

対象ドメイン選択画面になりますので、WordPressをインストールするドメインを選んでください。

一番上にあるのがデフォルトのドメインになります。

mini-04

インストール済みの一覧が出てきますが、まだインストールしていなので表示されません。

「追加インストール」タブをクリックします。

mini-05

簡単インストールできるソフトウェアが表示されました。

ここではMovable Type と WordPress を選択することが出来ます。

では、WordPressの「インストール設定」をクリックしましょう。

mini-06

WordPressをインストールするときに必要な情報を聞いてきます。

インストール先はわからなければそのままで大丈夫です。

「ブログ名」「ユーザ名」「パスワード」「メールアドレス」を入力します。

mini-07

ブログ名は後からでも変更できますのでそれほど悩まなくてもいいです。

ユーザ名とパスワードは、WordPressの管理画面にログインするものになりますので、推測されにくいものにしてください。

メールアドレスは、ネットオウルに登録したときのアドレスで問題ありません。

WordPressのプラグインなどから通知が来ることがあります。

入力出来たら「確認画面」をクリックしましょう。

確認画面が表示されますので、確認したら「確定する」をクリックします。

mini-08

少し時間がかかった後、インストール完了画面が出てきます。

ここに載っている情報は非常に大事ですのですべてメモしておいてください。

mini-09

これでWordPressのインストールは終了しました。

ログインアドレスをクリックして、ID、パスワードを入力すればWordPress管理画面になります。

ログインアドレスはブックマークしておくのをお勧めします。

まとめ

初心者にはちょっと難しいWordPressのインストールも、簡単インストール機能があるからとても簡単に済ませることが出来ました。

ただ、インストール完了画面に出てくる情報が、非常に大事なのにもかかわらず、結構あっさりと表示され、特にメール通知等も来ないため、忘れてしまう人が多そうです。

あとから確認する方法もあるのですがちょっと面倒ですので、この画面が表示されたら忘れずに全情報をメモしておいてくださいね。

スクリーンショットを撮ってしまうのも手軽でいいと思います。

以上、ミニバードでのWordPress簡単インストールでした。