携帯やスマホの2年縛りをなくす新プランが発表されたが限りなく罠だった!

a0002_011393_m

softbankとauが相次いで新プランを発表しましたね。

契約から3年目以降は、解約時期に関わらず9,500円の契約解除料が発生しないプランです。

またそれと同時に、今までの2年契約の更新時期が1ヶ月から2ヶ月に延長されることも発表されました。

今回の新プラン発表で、どのようなケースでお得になるのか、ざっくり計算してみると、とんでもない結果になったのでここで共有します。

まず、ご存じない方のために新プランを簡単に解説します。

新プランで契約すると、契約から3年目以降(25ヶ月以降)、いつ解約しても、契約解除料が発生しません。

解約解除料がゼロ円というわけです。

ちなみに今までのプランだと、契約から2年過ぎたあとの1ヶ月間(又は2ヶ月間)は契約解除料がかかりませんが、それ以外だと9,500円の契約解除料が発生していました。

なお新プランでも、契約から2年経つまでは、今までと同様に契約解除料が発生するのでここは注意が必要です。

そしてこの新プランの料金ですが、プランの種類は既存のものと同様で、それぞれ300円プラスされる形になっています。

つまり、毎月300円多く払ってくれれば、契約解除料の9,500円はかからないよ!というプランなわけです。

ここまででピンと来た方、居ますよね?

毎月300円多く払うのと、契約解除料で一括で9,500円払うのと、どっちが得なのか?

計算した結果を表にしてみました。

既存プランと新プランとの差額は300円/月です。

既存プランでは、契約更新月の2ヶ月間(25か月目と26カ月目)は契約解除料が0円で、それ以外だと9500円かかります。

なお、表には書いていませんが、新プランでも2年経つまでは契約解除料は9,500円かかります。

 

既存プランとの差の累計

(300円/月)

新プランの実質解約費用

(差の累計+手数料)

既存プランの

解約手数料

1カ月 300円 300+9500円 9500円
12カ月 3600円 3600+9500円 9500円
24カ月 7200円 7200+9500円 9500円
25カ月 7500円 7500円 0円
26カ月 7800円 7800円 0円
27カ月 8100円 8100円 9500円
28カ月 8400円 8400円 9500円
29カ月 8700円 8700円 9500円
30カ月 9000円 9000円 9500円
31カ月 9300円 9300円 9500円
32カ月 9600円 9600円 9500円

さて、どうでしょうか? 高いほうを赤くしてみました。

毎月300円多く払ったにもかかわらず、契約2年以内に解約した場合は通常よりも余計に費用がかかります。

25ヶ月目、26ヶ月目に解約した場合も、既存プランの場合契約解除料が発生しませんので既存プランがお得です。

27ヶ月目から31ヶ月目に解約した場合、やっと新プランがお得になりました。

32ヶ月目以降に解約した場合、毎月の基本料の差額が9,500円を超えていますので、再び新プランほうが高くなってしまいます。

つまり、27ヶ月目から31ヶ月目に、確実に契約解除しない限り、全く得しないプランなのです。

しかも、得するといっても、最大で27ヶ月目に解約した場合の1400円しか得になりません。

27ヶ月目から31ヶ月目に解約することが決まっていることは滅多にないと思いますので、この新プランを選択する価値はほぼゼロという結論になりました。

「2年縛り解除!」という甘い言葉に騙されて契約しないように気を付けましょうね!

※なお、発表資料を読んで記事を書いていますので、発表資料に隠されている条件などによってはこの計算とは違った金額となることがあることをご承知ください。