格安レンタルサーバへ移転するため本気で比較してみた

a0001_001903_m

先日お伝えした通り、レンタルサーバをミニバード に引越ししました。

レンタルサーバをミニバードに変更しました!
こんばんは、おっさんです。 今日は簡単なお知らせです。 と言っても、普通にこの記事を読んでいる人にはほとんど関係のない話なんです。 こ...

格安レンタルサーバということで軽いお試しのつもりもあったのですが、今のところかなり快適です。

今まで無料レンタルサーバで運営していたのもあり、性能的にも格安だからといって劣るところがあるわけではなく、むしろちょっと良くなっていると思います。

今回から数記事に渡り、ミニバードへのサーバ移転についての記事を書こうと思います。

第一回は、格安レンタルサーバの比較になります。

それでは、いってみよう!

スポンサーリンク

格安レンタルサーバを比較する

さっそく本題ですよ。

調べてみると、世の中には意外と格安レンタルサーバがあるようでした。

しかし、価格だけで決めてしまうのは早計と言うもの。

同じような価格帯でもスペックの違いがあり、用途に合わせた選択が必要なようでした。

ネットで調べた情報から、信頼できそうな格安レンタルサーバをいくつかピックアップしてそれを比較、その結果から移転先のサーバを決めることにしました。

レンタルサーバの条件を決める

レンタルサーバの価格帯を決める

一言で格安レンタルサーバと言っても、人によって「格安」の感覚が違いますよね?

そこでまず、希望する価格帯を決めることとしました。

大定番となるエックスサーバー が1000円からとなっているため、最低でもこれ以下なのは間違いありません。

ちょっと調べるだけでもかなり安いレンタルサーバがあるのですが、今回対象となる価格は500円程度を目安とすることとしました。

人気の高いさくらのレンタルサーバ スタンダード がこの価格帯だからというのもこの金額設定の理由です。

レンタルサーバのスペックを決める

価格だけで決めてはダメですね。

大事なのはスペックなのですが、正直、どこを見ればいいのか初心者には難しい。

前提条件としてWordPressが使用できるということはわかるのですが、それ以外には何を比較すればいいのでしょうか?

そこで、初心者でもわかりやすい基準をもとに選ぶことにしました。

具体的には、

  • ディスク容量
  • WordPress簡単インストール
  • MySQLの数
  • マルチドメインの数

このあたりが比較対象となってきます。

後半の2つは、ブログを複数運用するのでなければ関係ないのですが、今後ブログを増やしたり、あるいは何かテスト用に作りたいときなどにも利用できるので比較内容に入れておきます。

格安レンタルサーバ比較表

上の条件で比較的人気のあるレンタルサーバを選び比較してみました。

  ロリポップ! ミニバード ファイアバード さくらのレンタルサーバ  エックスサーバー 
プラン

エコノミー

ライト

スタンダード

 

 

ライト

スタンダード

X10

利用料金(1年払い)

1296円/年

3240円/年

6480円/年

3240円/年

6480円/年

1543円/年

5,142円/年

12960円/年

利用料金(1か月換算)

108円/月

270円/月

540円/月

270円/月

540円/月

129円/月

428.5円/月

1080円/月

初期費用

810円※

810円※

810円※

0円※

0円※

1029円

1029円

3240円

WordPress利用

×

×

ディスク容量

10GB

50GB

120GB

50GB

100GB

10GB

100GB

200GB

WordPress簡単インストール

MySQL数

1

30

5

10

20

50

マルチドメイン

20

50

100

50

無制限

20

20

無制限

※ 期間限定料金

表の右端はあくまでも参考情報ですが、こうして並べてみても、金額さえ気にしなければダントツですね。

1年払いすることで月額料金が多少割り引かれるレンタルサーバもあるため、すべて1年払いとし、それを月額料金換算して比較します。

格安レンタルサーバを選ぶ

ロリポップのエコノミープラン、さくらのレンタルサーバのライトプランが激安ですが、残念ながらWordPressが利用できないため選択肢から外れます。

すると、ロリポップのライトプラン、ミニバードが270円で最安値となりそうです。

しかし、ロリポップのライトプランはMySQLが1つしか持てないため、WordPressを1つしかインストールすることが出来ません。今後ブログを増やす可能性を考慮すると、ちょっと選択肢から外したくなります。

ロリプップのスタンダードプラン、さくらのレンタルサーバのスタンダードプランはそれぞれWordPressを30個、20個作れるようです。

しかし、ミニバードと比べて金額が2倍になること、ミニバードでもWordPressは5個まで使えるため、当面は必要十分と考えられることから、今回はミニバード を選択しました。

まとめ

格安レンタルサーバを比較した結果、WordPressの数が5つまででよいのなら、まずは毎月270円でOKのミニバード で良さそうです。

今回ミニバードへサーバを移転することでサーバ移転のノウハウも手に入りますので、ミニバードが手狭になったらまた別のレンタルサーバへ移転すればいいだけのことですからね。

そんなわけで当ブログは、ミニバードへ移転することとなったのでした!

次回は、ミニバードへの申し込み方法などを記事にしたいと思います。

格安レンタルサーバのミニバードを契約する
前回記事で、格安レンタルサーバへ移転すべく比較を行いました。 そして比較の結果ミニバード への移転を決定しました。 今回は、ミニバー...