夏休みはプログラム三昧?スクラッチで始めるWhyプログラミング!

Scratch

ちまたではプログラミングブームですね!

え?そんなの知らないって?

ひそかにブームなんですよ、ひ・そ・か・に!

小学校のカリキュラムで必修にするとかしないとか、いろいろと検討されているそうで、もし必修にでもなると子供たちはみんなプログラミングが出来るようになっていくようです。

もちろん理想形であり、では誰が教えるのか?そのためのカリキュラム、教材はどうするのかなど、いろいろと問題はありそうなんですけどね。

そんな中、自らプログラミングに興味を持ち、どんどんプログラムを作成している子供もたくさんいるんですよね。

今回は、そんなキッズにもお勧めの入門用プログラミング言語、スクラッチ(Scratch)の番組がNHKで放送されるので、その紹介です。

スポンサーリンク

スクラッチってなんだ?

いきなりプログラミング言語とか言われても、わからない人にとってはそれだけで意味不明ですよね。

ちょっと知ってる人だと、プログラミング言語って、なんだか英語と記号がいっぱい並んでるやつでしょ?と思うかもしれません。

そんな中、入門用として開発されたのがこの言語なんです。

アメリカのマサチューセッツ工科大学、いわゆるMITですね。ここが開発したのが、このスクラッチとうプログラミング言語。言語というよりも環境と言ったほうが正しいかもしれません。

なぜかって、このスクラッチ、ほぼ、言語は使いません!

ちょっと公式サイトを覗いてみてください。日本語に対応しているので英語が苦手な人も安心して見に行ってくださいね。

どうでした?

なんだかかわいらしいキャラクターがたくさんいて、とてもプログラミング言語っぽくなかったのではないでしょうか?

それもそのはず、このスクラッチ、用意されたアイコンをただ並べるだけで、キャラクターを動かしたり、計算させたりと、結構複雑なプログラムが作れちゃうんです。

さすがMIT。よく出来ているなと感心させられます。

Why!?プログラミングとは?

ここでタイトルにもある「Why!?プログラミング」の話になります。

これ、NHKの番組のタイトルなんですよ。ちょっとびっくりしますよね。

そしてさらにびっくりするのは、タイトルから気付いた人も居ると思いますが、「Why!?ジャパニーズピーポー!」でおなじみ、厚切りジェイソンがメインで登場している番組なんです。

内容はというと、厚切りジェイソンとその他キャラクターたちが、スクラッチのプログラムを修正して正しく動作させていくというもの。

まるっきりの初心者にはちょっとレベルが高いかもしれませんが、スクラッチを触ったことがある人や興味がある人なら、きっと理解はしやすいと思います。

既に第一弾は放送されていて、NHKのサイトからストリーミングで番組を見ることが出来ます。

ひっそりと大人気だった、この「Why!?プログラミング」が、この夏、第2弾を放送するんですよ!

第一弾を見ていない人は、NHKのサイトから見るか、7月25日~29日の9:40~9:50で放送される再放送をチェックしておくといいと思います。

第二弾は8月1日~3日の同じ時間で放送される予定となっていますので、ちょうど夏休みにプログラミングの世界に足を踏み入れるのにちょうどよい日程ですね。

スクラッチには前から興味があったので、この放送を録画して、あとでチェックしてみたいと思います。放送時間中は普通に会社に行っていますので…

まとめ

NHKがプログラミングの口座を放送しているというのが、非常に新鮮でした。

かな~り昔、BASICと呼ばれる言語を使った番組があったりもしたのですが、今はよりビジュアル化され、わかりやすい番組になっていると思います。

プログラミングに興味を持っているお子さんを持っている家庭ならば、是非この番組を見せて反応を見てみてはいかがでしょうか?

スクラッチは通常のパソコンで簡単に動かすことが出来ますので、多少古いPCでも動かすことが出来ます。

今使っているPCは子供にあたえれば、自分用に新しいPCを買う口実になるかもしれませんよ!