窓掃除&網戸掃除にケルヒャーなんて要らない!

a0005_000327_m

ゴールデンウィーク真っ最中、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

我が家では、明日は荒れ模様の天気だということにも関わらず、窓掃除&網戸掃除などをやってみました。

窓掃除や網戸掃除って、どうもめんどくさいですよね。

ついつい後回しにしてしまい、気付くと窓はかなり汚れ、網戸に至っては真っ黒な状態になりがちです。

そんな窓掃除&網戸掃除の、我が家流の方法を紹介。

スポンサーリンク

やっぱりケルヒャーが大人気?

世の中の人は、どうやって窓掃除や網戸掃除をしているのでしょうか?

掃除用家電としては、やはり有名どころはケルヒャーでしょうか?

高圧水蒸気でなんでもきれいにしてしまうケルヒャーは、かなり簡単に網戸掃除が出来てしまうようです。

ただ、窓掃除にはあまり適していないようで、高圧で汚れを吹き飛ばしても、油汚れなどが残ってしまうし、そもそも水滴のふき取りもしなくてはダメらしい。

ただし、これはケルヒャーの別の製品で対応している模様。

こちらは水をあてるのではなく、逆に吸い取るもの。

洗剤などを吹き付けておき、バキュームクリーナーで吸い取れば、水垂れも一切なく、きれいになるらしい。

ローテク?で対応。ペットボトルが便利!

バキュームクリーナーはともかく、高圧洗浄機はちょっと便利そうなのですが、我が家で使うにはちょっとハードルが高い。

まず、ベランダに電源がありません。室内から延長コードでつなぐとなるとどうしても窓に隙間が出来てしまい、そこから水が入ってしまいます。

さらに、水道の確保も出来ません。室内からホースを延長するとなると、これまた大変です。

しかも室内の蛇口でも、ホースをつなげそうな蛇口はないため、ここも考えなくてはなりません。

ということで我が家では、ペットボトルを利用した手動式高圧洗浄機を使っております。

こんなやつですね。

ペットボトルに接続し、手動でポンプを数回シュコシュコすることで、ペットボトル内が高圧となり、あとは手元のレバーを引けば、先端から高圧の水が出てくるというものです。

これがなかなかの優れもので、水を出しながら先端のブラシでこすれば、網戸の汚れもみるみる落ちます。

まあ、気を付けないと自分もびしょびしょになるのですが、これはケルヒャーでも同様です。

ただし、タンク容量はペットボトルと同量となるため、手元のバケツなどを用意して、継ぎ足ししながら使わないとならず、このあたりがローテクな感じですね。

網戸が終わったら今度は窓です。

網戸と同様、水圧ブラシで水をかけていきます。

まんべんなく水をかけて汚れが浮いたら、あとはふき取るだけ。

こんなワイパーで、上から下にこするだけで、水はあっという間にふき取れます。

ガラスの汚れがひどい場合は洗剤を使ったほうがいいですが、普通の砂汚れであれば、水をかけてワイパーするだけでかなり奇麗に。

我が家では毎年、この2つを使って窓掃除&網戸掃除は簡単に済ませてしまっています。

さいごに

なんやかんやいって、やっぱりケルヒャーは気になります。

でも、使用条件がなかなか我が家にマッチしないようなので、当分はこの組み合わせかなぁ。

ただ、室内側の窓を掃除するときは水があまり使えないので、少なめの水と洗剤でがんばるか、周りにタオルを敷くなどの水浸し防止措置をとる必要があるのが難点ですね。