Windows10をインストールした話(前編)

a0001_016740_m

Wndows10が公開されてから数週間経ちましたが、みなさん、アップグレードしてみましたか?

今回のWindows10は、Windows7やWindows8.1を使用しているPCならば、無料でアップグレードできるとあって、多くの人が気になっていることと思います。

その一方、アップグレードして今までどおりちゃんと動くのか、不安の声も沢山上がっていますね。

無料アップグレードの期間は1年ありますので、あまりあわてずに、情報が出揃ってからゆっくりとアップグレードするのをお勧めします。

とかいっておいて、うちのPCはちゃっかりWindows10にアップグレードしてみましたので、その話を備忘録を兼ねて書いてみますね。

スポンサーリンク

今使っているOSをどうするか?

一般的には、今使っているOSをアップグレードするのだと思いますが、やはり不安も残ります。

そこで今回は、現在使っているWindows7環境は残したままで、新しくWindows10を導入して、デュアルブート環境を構築していきたいと思います。

必要となるのは、以下の2つ。

  • 現在とは別のWindow7orWindows8.1のライセンス
  • 新しいHDD等

幸い、今使っていないWindows8.1のライセンスがありますので、このライセンスでまずはWindows8.1をインストールし、そのままWindows10へアップグレードしてしまう作戦を取ります。

インストール先となるディスクですが、現在のWindows7はHDDにインストールされており、世の中のSSDブームがうらやましく感じているさなかですので、このタイミングでSSDを導入し、快適環境にしてしまいます。

内蔵ディスクが変わっても、奥さんにはバレないというメリットも見過ごせません!w

Windows10のインストール前に

SSDの購入

まずはSSDを調達します。

ネットで記事や評判等を参考に、機種と容量を決定します。

最近はだいぶ価格もこなれてきているようで、容量は120GB~256GBあたりが売れ筋のようですね。512GBとか、さらに大容量のSSDもあるようですが、さすがに始めてのSSDでそのサイズは不要でしょう。

データを全てHDDに保存するようにすれば120GBもあれば余裕なのですが、それだとSSDの快適性をかなり失ってしまいそうでしたので、一部の大容量データだけをHDDに保存することとし、基本的にはSSDで運用することとしました。

そこで購入したのが、Crucial MX200の250GBモデルです。

自作PCの構成と規格

次にやらないといけないのが、マザーボードのBIOSアップグレードです。

うちのPC、自作PCなのですが、既に4,5年たっており、搭載されているパーツもほとんどが当時のものですので、いろいろと規格が古いのです。

使っているマザーボードは、GIGABYTEのGA-Z68MX-UD2H-B3というもので、搭載されているCPUはIntelのCorei2600Kというものです。

今回はSSDの追加だけで他のパーツは変更しないのでこの構成のままいくのですが、この、GA-Z68MX-UD2H-B3というマザーボードは、旧規格であるBIOSで動作しています。

現在の主流はUEFIというものとなっており、Window8なども、このUEFIを基本として構成されているそうです。

Windwos8以降のOSをUEFIに対応したマザーボードのPCにインストールすると、高速起動やセキュアブートなど、いろいろな機能を使えるそうで、可能ならUEFI搭載マザーにしたほうがよいわけです。

そしてこのマザーボード、BIOSアップグレードにより、UEFIに変更することが出来るんです!

今回、OSをWindows10にしますので、このタイミングでUEFI化しようと思います。

マザーボードのBIOSアップグレード

まずは、本家、GIGABYTEのHPから、アップグレード用のソフトをDLします。

ネット上の情報では結構バージョンがいろいろあるようだったのですが、選べるバージョンは1つだけ、「U1E」しかありませんでした。なんだか情報よりバージョンが古い気もするのですが、これしかないのでこのバージョンを使ってアップグレードします。

BIOSアップグレードは、DOS起動を行い、DOSからアップグレードをするそうですが、今のPC、もうFDDなんてついてない!

ということで、USBからDOSをブートする方法を探します。

まず見つかったのがこちら。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1206/15/news126.html

数多くのブログからもリンクを貼られているようで、一番人気と言ったところ。

まずはこちらも方法でDOS起動用のUSBメモリを作成してみました。

フォーマットにかなり時間がかかるのですが、エラーもなく無事作成完了!

BIOSアップデートツールも展開してUSBメモリにコピーし、いざ、USBメモリから起動です。

が、認識はしているようなのですが、一向に起動しません。

起動されればDOS画面になってツールが動くはずなのですが…

別のUSBメモリを使ってみるも、そちらもそもそも認識されませんでした。

仕方ないのでもう少し別の方法を探してみます。

先ほども言ったのですが、多くのブログは先ほどのツールを使用するように書かれていて、なかなか別の手段が見つかりませんでしたが、見つかったのがこのページ。

DOS 起動 USB メモリの作成

あまり説明もないのですが、さっきとは別のツールのようなので、これを試してみます。

Rufusというツール名のようで、ダウンロードはここから。

http://rufus.akeo.ie/downloads/

使い方はあまりかわらず、GUIで設定して実行するだけでした。

しかもフォーマットも速かった。さっきのツールでフォーマット済みだったからでしょうか?

フォーマットを終えて、BIOSアップデートツールもコピーしてUSBメモリから起動!

。。。

DOS画面が出ました!

画面に従いBIOSをアップデートします。

消去と書き込みを2回行ったところで、アップデートは無事完了。

電源を切って、コンセントを抜いてから、起動すれば、無事にUEFIになるはずです。

BIOSアップグレード後

BIOSアップグレードを行い、UEFIで起動します。

初回は初期値も入っていないらしく、デフォルトをロードさせる必要がありますが、ついでに設定もしたいので、そのままBIOS設定画面に入ってみます。

が、

設定画面が表示されない!

画面上部にUEFIの設定画面だとの文字は出ているのですが、それ以外、設定のメニューなど何も表示されず、当然操作も受け付けません。

これは焦りました。

再起動してBIOS設定画面に入らなければ、そのままWindows7が立ち上がりましたので、どうやら致命的ではなさそう。

余談ですがWindows7では、BIOSがUEFIに変わったからか、数多くのドライバが自動的に再インストールされていきましたが、事前情報にあった、Windowsの再認証はしないで済みました。

さて、BIOS設定に入れないと起動ディスクを変えられない。

起動ディスクを変えられないとOSのインストールも出来ないわけで、そうするとWindows10の導入は始まる前に終わってしまう。

少ない情報の中検索していると、気になる情報が!

「GIGABYTEのUEFIでは、USB原因でうまく起動しないものがある」(意訳)

確かにいろいろ試しているとき、設定画面に入れることもあったんです。

設定画面に入れるのを確認してから、PCのケースをしめて、配線もいろいろ接続して、

では、あらためて。

と起動すると、設定画面に入れない。

言われてみれば確かにUSBに接続している機器のせいかもしれない。

さっそく、USBケーブルを、キーボードとマウス以外はずしてみます。

動いた!

問題なくUEFIの設定も出来、やっと、Windows10のインストールの準備が出来ました!

次回へ続く

長くなったのでここで一旦切り、実際のインストールは次のエントリーにしたいと思います。

Windows10をインストールした話(後編)
さて、前回、Windows10をインストールするための準備を終えましたので、今回はいよいよ、Windows10のインストールを行います。 ...