Windows10への更新のお知らせを抑止する簡単な方法

お宅のPC、お元気ですか?

こんばんは、おっさんです。

おっさんの使っているPCは、メインPC、サブPC共に既にWindows10になっているのですが、まだWindows7やWindows8.1を使用している方も多いと思います。

その中には、近いうちにWindows10にアップデートしようと計画している人も居ると思いますが、まだまだ当分の間は今のOSを使い続けるつもりで、Windows10にアップデートする予定はないという人も居ると思います。

そんな人からすると、画面の右下でWindows10への更新を知らせてくるアイコンは邪魔なだけで、その挙動はウザったいと言わざるを得ません。

今日はそんな更新のお知らせを抑止する方法を紹介します。

スポンサーリンク

マイクロソフトが提示してきた方法は難しい

特に企業が使用しているPCでは、Windows10にしてしまうと業務に支障が出たりもしますので、このお知らせは全くの不要なものとなることも多いです。

そのためマイクロソフトでは、そんな企業向けに以下のような情報を公開しています。

[企業ユーザー向け] Windows Update からの Windows 10 への無償アップグレードを管理する方法

企業向けということもあり非常に難しいのですが、グループポリシーの変更か、レジストリの編集をすることで更新のお知らせを抑止することが出来るというものです。

この方法を解説しているサイトもありますが、PC初心者にはかなりハードルが高いものとなっています。

Windows UpdateによるWindows 10へのアップグレードを「ブロック」する理由とその方法

PC初心者向けに解説しようにも、やはりレジストリの編集となるとかなり失敗時のリスクは高く、そう簡単にお勧めするわけにもいかないです。

簡単に設定変更出来るツールが登場!

初心者でも簡単に設定できる方法はないものか探していたところ、既に簡単に設定変更できるツールが作成されていました。

(株)ウェブテクノロジさんがブログで公開しているのが「Windows 10へのアップグレード抑止設定ツール」です。

こちらのページからツールのダウンロードが出来るようになっています。

このツールはマイクロソフトが公開したレジストリを変更する方法を実施しているそうですので、手動でレジストリを編集した場合と同様の結果となります。

ダウンロードしたらZIPファイルを解凍し、「PreventOSUpgrade.exe」を実行します。

win10tool

上の画面で抑止したい内容を選択し、OKを押すだけで設定完了です。

これならPC初心者でも簡単に利用することが出来ますね。

もしWindows10に更新したくなったときには、再びツールを起動して、抑止しないに設定を変更すれば、今まで通り更新のお知らせが出てくるようになります。

まとめ

Windows10はなかなかよくできたOSだと思いますが、使用しているソフトウェアが対応していないなど、どうしてもアップデートできない場合があると思います。

そんなとき、Windows10への更新のお知らせは邪魔なだけとなってしまいますので、今回のツールを使って簡単にお知らせの抑止設定を行ってしまいましょう。

アップデートへの支障がなくなったら、再びツールで抑止を解除することで、問題なくWindows10へのアップデートが実施できるようになりますよ。