Windows10にアップデート(Th2)が来たので入れてみた

a0002_001032_m

こんにちは、おっさんです。

数日前から、th2と呼ばれる、Windows10の最新アップデートの配信が始まったそうです。

ニュースを見て、我が家のPCも早速、と思っていたのですが、中々配信されてこなくて焦れていましたが、本日やっとアップデートの受信が出来ました。

メインPCは特に問題もなく更新作業が進んでいるのですが、同時に始めたサブマシンのEeePCでは、なんだか困難なこととなっております。

スポンサーリンク

Th2更新の流れ

今回配布が始まった最新アップデート Th2は、先週InsiderProgram参加者に配布され始めたビルド10586と同一のようです。

WindowsUpdateの画面にも10586の文字が表示されています。

通常のWindowsUpdateと同様、自動的にダウンロードが開始されるのだと思いますが、待ちきれなかったおっさんは、ひたすら「更新の確認」をクリックしていたので、手動での開始となりました。

さて、実際に更新が始まると、まずはダウンロードから始まります。

ダウンロードが完了すると、そのままインストール作業が始まります。

とはいっても、すべて自動で行われますので、ユーザは何もすることはありません。

ある程度までインストールが進むと、再起動が必要となります。勝手に再起動されることはなく、スケジュールされた時間になると再起動となるようですが、もちろん手動での再起動も可能です。

Th2-1

再起動を開始するとまず、

Windows10の更新を構成しています。

と表示され、進捗状況がパーセントで表示されるようになります。

結構時間がかかるので、途中で電源が切れないように注意して放置しておきましょう。

一度再起動がかかると今度は

Windowsをアップグレードしています

というシンプルな画面となります。

先ほどと同様に進捗状況が表示されており、「PCは数回再起動します」と書かれていますのでさらに放置します。

EeePCでのトラブルとは

このブログでも数回紹介しているEeePCですが、我が家のEeePCは、メモリ2GB、SSD32GBへ換装済みのEeePC 1005HAというネットブックです。

SSD32GBと言いましたが、実はWindows10とLinuxとのデュアルブートを構成しているため、Windows10用に割り当てている容量は20GBとなります。

そして、アップデート直前に確認したところ、空き容量は3.9GBと、かなり心許ないことになっていました。基本的にファイルは保存しないように使っているため、ファイルの削除で確保できる容量はほとんどなく、そのまま強行でアップデート開始となったわけです。

WndowsUpdateから更新の確認を行ったところ、EccPCにもアップデータが落ちてきました。

ダウンロードまでは順調に進み、自動的にインストールが開始されましたがその途中で、メインPCとは違う画面が表示されました。

残念ながらSSは撮るのを忘れてしまったのですが、要するに、空き容量が少ないからインストールが続けられないとのエラーでした。

これはもうアップデートは出来ないのかと思いながら、詳細を確認するボタンがあったのでそれを選択すると、解決策が提示されました。

  • 空き容量をあと5GB増やせば継続できます
  • 10GB以上の外部記憶装置を接続すれば継続できます

ちょっと言葉は違いますが、このような2パターンが提示されました。

先ほども書いた通り、既に空き容量はこれ以上の確保は難しい状況で、さらに5GB近くとなると、はっきり言って不可能です。Winows10インストール後にインストールしたアプリをすべてアンインストールしても無理かもしれません。

そのため今回は、机の上に転がっていた16GBのUSBメモリを利用してアップデートを継続することとしました。

USBメモリを刺してから先ほどの2案目を選択すると、インストール完了後はUSBメモリは大事に取っておくようにと案内が出ます。

どうやら、何か不具合があったときにはこのUSBメモリの情報を使ってアップデート前に戻せるようです。逆に言うと、元に戻す必要がなくなれば、このUSBメモリは不要ということですので、アップデートを確認して問題がなければ、もうUSBメモリの中身は消してしまってもよさそうです。

表示を確認して次へ進めば、再びアップデートが進み始めます。

ただし、内臓ディスクが足らずに外部ディスク(今回はUSBメモリ)を利用しているため、アップグレードがものすごく時間がかかります。

USBメモリの性能によるとは思うのですが、このUSBメモリ、かなり古いものなので性能はお察し。いつ終わるのかわからないほど進捗画面に変化がありません。

唯一、USBメモリにアクセスランプが付いており、それが頻繁にチカチカと点滅しているので動作が確認できる程度です。

果たしていつ終わることやら・・・

まとめ

今回配布が開始されたWindows10 Th2は、アップデートして問題ないものだと思います。

今まで数か月、InsiderProgramの中で新機能の追加やバグフィックスを繰り返してきて、安定してきたものを配布していますので、問題が起きることはそうそうないでしょう。

また、機能追加などもありますので、既にWindows10を使っている人はある程度のまとまった時間を用意して、アップデートをするといいと思います。

あとは、可能なら、空き容量をしっかりと確保してからのアップデートをお勧めします。

外部装置を使うと、とんでもなく時間がかかりそうですよ。