Windows10アップデートに関する記事のまとめ

a0001_013540_m

Windows10への無料アップデート期限が7月29日までと、あと一か月を切りましたね。

Windows10に勝手に更新されて訴訟が起きたり、消費者庁から勧告が出たりといろいろなニュースが流れてきていますが、あなたはWindows10移行派ですか?それとも残留派ですか?

今回は、今まで書いた記事の中で、Windows10アップグレードに関する記事を集めて紹介します。

Windows7/8.1残留派も、Windows10移行派も、心残りのないように対応しておきましょうね。

スポンサーリンク

Windows10移行派の方へ

既に移行を終えてWindows10を利用している人は問題ありません。このまま利用しましょう。

移行を考えているけどまだ移行していない人は、急いで行動を起こしましょう。

なぜなら、ニュースでも沢山流れていますが、無料で移行できるのは7月29日までです。

それをすぎると無料でのアップデートは不可となり、有料のパッケージを購入する必要があります。

一番標準的だと思われる、Windows10 Homeが1万5千円くらいするそうです。今なら無料ですので、無駄な出費は避けたいですね。

参考にしてほしい記事はこのあたり。

Windows10 TH2のインストールメディアを作成する方法
先日、Windows10の最初の大型アップデートである、TH2ことビルド10586が公開されました。 ビルド10586の公開後、新規イ...

メディアの作成方法の記事です。WindowsUpdateを通してアップデートできてしまいますが、メディアが必要な場合はこの記事を参考にして作成してくださいね。

実際にWindows10にアップデートしたときの記事はこちら。

Windows10をインストールした話(後編)
さて、前回、Windows10をインストールするための準備を終えましたので、今回はいよいよ、Windows10のインストールを行います。 ...

デュアルブートの話やWoLが動かなくて対処した方法も載っています。

Windows7/8.1残留派の方へ

何かしらの理由があってWindows10へ移行しないという選択もあるでしょう。

ちなみにWindows7のサポートは2020年に終了しますので、今使っているPCをそれ以降も使う可能性のある方は、可能な限りWindows10へ移行しておいたほうが良いと思います。

一度Windows10へアップデートした後、一カ月以内であれば元のOSへ戻すことも可能です。

これをしておけば、数年後、Windows10にしたくなったときに、普通にアップデートすることが出来、新規でOSを買ってくる必要はなくなります。

逆に、今使っているPCはそれまでには買い替えてしまうという方。この場合は、無理してWindows10にする必要はないでしょう。今のOSをそのまま使って問題ありません。

さて、Windows10への移行をしないと決めた場合、アップデートの案内はうるさいだけですね。

そんなときは下の記事を参考に、通知を抑止することをお勧めします。

Windows10への更新のお知らせを抑止する簡単な方法
お宅のPC、お元気ですか? こんばんは、おっさんです。 おっさんの使っているPCは、メインPC、サブPC共に既にWindows10になっ...

マイクロソフトが公開しているような初心者には難しい設定などは必要のない、ツールを起動して抑止内容を設定できるソフトの紹介です。

我が家の妻のPCもこのソフトのおかげで、Windows10へのアップデートのお知らせは全く出なくなりました。お勧めです。

最新の情報では、Windows10へのアップデートの通知に、「拒否」という選択肢が追加されるという話も出ていますが、上で紹介しているソフトを使うだけで対応できるようです。

まとめ

個人的にはWindows10へは移行したほうがいいと考えているのですが、使いたいソフトが対応していなかったり、アップデート時に起きるかもしれないトラブルを考えると不安でアップデートできないという人もいるかと思います。

Windows10にする人も、しない人も、「こんなはずではなかった!」とならないように、しっかりと情報を集めて対応してくださいね。

いずれにしても、7月29日までで、すべてが決まってしまいます。