WindowsLiveWriterのプラグインを導入してみた

ゲットだぜ

このブログは、ブログエディタのWindows Live Writerを利用して書いています。

今まではプラグインなどを利用せず、インストールしてそのままの状態で利用していました。これだけでも、WordPressの編集画面で記事を書くよりも数倍楽に作業が出来たからです。

しかし、このWindows Live Writerにはさらに便利な機能として、プラグインを追加していくことが出来ます。

今回は数多くあるプラグインの中から、テンプレート機能を提供してくれるDynamic Templateを追加したので紹介します。

スポンサーリンク

Dynamic Template プラグインとは

Windows Live WriterのプラグインであるDynamic Templateは、その名が示す通り、テンプレート機能を追加するプラグインです。

沢山記事を書いていると、いつも書く言葉や、よく使うリンク先などがあると思います。

このようなものをあらかじめ登録しておくことで、ワンタッチで本文に追加することが出来るようになる、便利なプラグインということですね。

なくても同じことは出来るけど時間がかかり、あればワンタッチで追加できる。

これは導入するしかないでしょう!

Dynamic Template プラグインをインストールする

以前はマイクロソフトのサイトからプラグインのインストールが出来たそうなのですが、既にWindows Live Writerの開発は終わっているため、プラグインの提供サイトはなくなってしまいました。

そのため、作者のページから直接インストーラを落としてくる必要があります。

Dynamic Template plug-in for Windows Live Writer

アクセスするとページ中ほどの「RECOMMENDED DOWNLOAD」の下に「DynamicTemplate.msi」と書かれたリンクがあると思いますので、ここをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを実行してインストールします。インストーラは英語ですが、「next」と「close」を押すだけでインストールは終わるので簡単です。

Dynamic Template プラグインの使い方

インストールが終わったら使ってみましょう。

Windows Live Writerを起動して「挿入」タブを開くと、プラグインが追加されていますので、ここから起動しましょう。

template01

起動するとこのような画面になります。

最初は何も登録されていないので、「Edit Templates」をクリックして編集画面に行きましょう。

template02

編集画面になったら、「New」をクリックします。

template03

これから作るテンプレートに名前を付けます。わかりやすい名前を付けましょう。

template04

ここでは「自サイトへのリンク」という名前を付けました。

OKを押すとテンプレートの編集画面になります。

下部の「Template Body」に、登録したい内容を記述しましょう。OKを押して決定します。

template05

登録が終わると一覧に表示されます。この画面がわかりにくいのですが、登録が終わったら「Cancel」を押してください。ちなみに「Continue」を押すと、記事内にテンプレートが埋め込まれます。

template06

無事にテンプレートの登録が出来ましたので、今度は実際に使ってみましょう。

先ほどと同様に、Windows Live WriterのメニューからDynamic Templateを起動します。

使用したいテンプレートを選択したら、ダブルクリック、または、「Continue」をクリックすることで、ブログ記事に挿入することが出来ます。

template07

以下のように挿入されました(編集してくくってあります)

おっさんのブログです。よろしくね。

まとめ

やはりテンプレート機能はあると便利ですね。

毎回同じ文章を打っていたり、過去記事からコピペしている部分がある人は、是非このプラグインを利用してテンプレート化して楽をして欲しいです。

おっさんもこれからいろいろ登録していこうと思いますよ!