WordPressでドメイン変更とサーバ移転をやってみた方法のまとめ2

a0002_011009_m

前回、新規取得したドメインをXdomainで使うために、ドメインの登録と、新規WordPressサーバのインストールを実施しました。

WordPressでドメイン変更とサーバ移転をやってみた方法のまとめ
先日、お名前.comでドメインを取得しました。 今回ようやく、取得したドメインを当サイトに反映することが出来ました。 簡単な設定で済むの...

今回はいよいよ、旧サーバから新サーバへのデータの引越しと、その後の忘れがちな追加作業を行います。

スポンサーリンク

WordPressサーバ移転

やっと準備が終わり、いよいよサーバ移転作業です。

移転の流れとしては、

  1. 旧サーバのバックアップ
  2. 新サーバへのアップロード
  3. 移転用スクリプト実行

となります。

WordPress旧サーバのバックアップ

まずはWordPress旧サーバ、つまりは、今使っているドメインのほうのWordPressの情報をバックアップします。

バックアップ対象は、WordPressのファイルすべてと、データベースファイルになります。

WordPressファイルのバックアップ

まずは、XdomainでFTPが使えるように設定を変更します。

WordPress管理パネルで対象となるWordPressIDの「設定」を押し、その中のFTPアカウント設定をクリックします。

xdomain2-04

ここで、WordPressの全ファイルにアクセスするために、「全てのファイル・フォルダにアクセスする」のチェックボックスを有効にするのを忘れないします。

設定が終わるとFTPのアカウントとパスワードが表示されるので、FTPソフトに設定して、ルート配下のすべてのファイルをダウンロードして保存しておきます。

全ファイルなので結構時間がかかりますよ。

WordPressデータベースのバックアップ(エクスポート)

次にデータベースをバックアップします。

データベースのバックアップは、同じく管理パネルの「データベース管理」にある「phpMyAdminへのログイン」から行います。

xdomain2-05

ログインを押すと、データベースの管理画面になります。

いろいろ表示が出ますが大丈夫。することは簡単です。

画面左に、information_schema()ともう一つ、あなたのID名ものが表示されていると思います。

この、ID名が付いているほうが、今回バックアップしたいデータベースになりますので、これをクリックします。

すると画面がかわりますが、右画面の上方のタブに、「エクスポート」とあると思います。これがデータベースのバックアップのことなので、エクスポートをクリック。

いろいろ出てきますが、基本はデフォルトでOKで、一箇所だけ、赤丸をつけたところのチェックマークをオンにしてください。

その下のファイルの圧縮は、どれでも問題ありません。今回はデータベースファイルを直接編集したりしないので、圧縮してかまいません。

xdomain2-03

これで実行するを押せば、データベースのエクスポート(バックアップ)も終了です。

WordPress新サーバへのアップロード

いよいよ新しいドメインを使いますよ。

まずは、XdomainのWordPress管理画面で、新しいドメインでWordPressをインストールします。

これは旧ドメインを使うときにやった手順と同じなので簡単ですね。

初めてのWordpress Xdomainでのインストールは超簡単
こんにちは、おっさんです。 レンタルサーバーの準備も出来たので、いよいよWordpressのインストールをします。 おっさんが実際にやっ...

インストールが終わったら、旧サーバからバックアップしたものをアップロードしていきます。

WordPressファイルのアップロード

まずはWordPressの全ファイル。

先ほどと同様にFTPを設定したら、まずは、ルートにある「wp-config.php」というファイルをバックアップしておいてください。このファイルにはデータベースへアクセスするIDとパスワードがかかれているので、上書きしてしまうと新しく作ったWordPresへのアクセスが出来なくなります。

旧サーバからバックアップしておいた全ファイルのうち、先ほどのwp-config.php以外を新サーバにアップロードします。もし間違えて全ファイルをアップロードしてしまった場合は、上でバックアップをとったwp-config.phpをさらにアップロードすれば、それで大丈夫です。

これもかなり時間がかかりますよ。

WordPressデータベースのアップロード(インポート)

続いて、データベースファイルのアップロードです。

バックアップのときと同様に、phpMyAdminへのログインから、データベースの管理画面に入ります。

データベースを選択したら、今度は「インポート」を押してください。

xdomain2-06

ファイルを選択で、先ほどエクスポートしたファイルを選択して実行を押せば、データベースのアップロード(インポート)は完了です。

移転用スクリプトの実行

さて、このままだとデータベースの中身が旧サーバのままとなっているため、ドメイン名が古いままとなっていますので、データベースに書かれているドメインを、旧サーバのものから新サーバのものへ書き換える必要があります。

書き換えには移行用スクリプトを使用することで、確実に行うことが出来ます。このスクリプトは公式サイトでも推奨しているものなので間違いないと思います。

DB内に書かれているURLを一括で置換するという方法を紹介しているサイトも多いのですが、どうやらこれは問題があるようです。

こちらのサイトが参考になりました。

WordPress移行時にURLをSQLで直接一括置換はダメ! 「Search and Replace for WordPress Databases Script」を使おう

ということで、移行用のスクリプトをダウンロードします。

https://interconnectit.com/products/search-and-replace-for-wordpress-databases/

V 3.0.0 beta と V 2.1.0 Stable があり、最初はV3のほうを試したのですがうまく動かなかったため、このサイトではV 2.1.0を使用しました。

落としてきたzipファイルを解凍すると「searchreplacedb2.php」というファイルが出てきます。これがこれから使うスクリプトです。

このファイルをWordPressサーバにアップするのですが、セキュリティを考慮して、名前を適当に変更したほうがいいと思います。

たとえば「ahdjkgriberniowrgr.php」などですね。なんでもいいです。

これをサーバのルートディレクトリにアップして、ブラウザからアクセスしてみましょう。

当サイトですとurlは「http://kokoore.com/ahdjkgriberniowrgr.php」ですね。

アクセスすると以下のような画面になります。

xdomain3-02

Submitを押して、次へ行きます

xdomain3-03

wp-config.phpを元に、データベースの情報が出てきますので、確認して次へ。

xdomain3-04

すべてのテーブルを選択してContinueです。

xdomain3-05

この画面で、旧ドメインと新ドメインを指定することで、書き換えを行います。

注意点としては、ドメインの書式ですね。

書き方は、「http://kokoore.com/」のようにせず、「kokoore.com」と、httpや/をつけずに指定してください。

そうしないと、書き換え漏れが出てしまうようです。

ここでSubmitを押せば、Completeと出て、完了です。

最後に忘れずに、先ほどアップした移行用スクリプトファイル(searchreplacedb2.phpをリネームしたもの)を削除してください

もし他人に利用されると、データベースの中身を書き換えられてしまいますよ。

仕上げ

これでデータの引越しは終わり、今までのWordPressが新サーバに入りました。

新サーバにアクセスして、きちととサイトが表示されるのを確認してみましょう。

旧サーバから新サーバへの転送の設定(リダイレクト)

ところで、今のままだと以前のWordPressサーバも動いていますので、同じサイトが2つあることになってしまいます。かといって、いきなり以前のサーバを消してしまうと、検索サイトには古いサーバへのリンクしかないため、飛び先がなくてエラーになってしまいます。

そこで、旧サーバにアクセスされたときに、自動的に新サーバに転送されるように設定しましょう。

転送の設定は、プラグインを使うことで簡単に出来ます。

作業をするのは旧サーバ上ですので、そこだけ間違えないでくださいね!

Redirection」というプラグインを検索してインストールしてください。

設定画面で、旧ドメインと新ドメインを入力します。

xdomain3-01

Add new redirectionのSource URLに旧ドメイン、Target URLに新ドメインを入力します。

ドメイン名は、httpや/などをつけずに、

www.yahoo.co.jp

などと記述します。

また、わすれずに、Regular expressionのチェックを入れておいてください。

これがないと、トップページしか転送されません。

Add Redirectionを押せば、設定が上段に追加されます。

実際に旧ドメインでアクセスして、自動的に新ドメインへ転送されるのを確認してみるといいでしょう。

1つ、注意事項です。

この設定をすると、旧ドメインのダッシュボードに入れないと思ったかもしれません。

直接アドレスを指定すると、新ドメインへ転送されてしまいますが、WordPress管理パネルからダッシュボードを選択すれば入れます

リダイレクトの設定変更などをするときは、この方法でダッシュボードに入ってくださいね。

忘れずにグーグルの設定を追加する

最後に忘れないうちに、グーグルウェブマスターツールと、グーグルアナリティクスに、新しいサーバを登録しておきましょう。

旧サーバ用の設定が残っていると思いますが、ドメイン名が変わっているので、改めて登録しなおさないと正しく使えなくなってしまいます。

これが終われば引越し作業はおしまいですから、もうひと頑張り!

覚えているうちにやっちゃいましょうね!

最後に

お疲れ様でした

これで引越し作業はすべて完了です!

あとは、リダイレクトの状況を見ながら、旧サーバを削除すればいいでしょう。

もし旧ドメインに期限があるようなら、早めに移行作業を行わないと、リダイレクトが出来る期間が短くなりますのでそこは注意してくださいね。