WordPressに目次つける!Table of Contents Plus導入方法!

ノート

こんばんは、おっさんです。

今日は久しぶりにWordPressの話題です。

あちこちのブログを見て回ると、やはり最近はWordPressのサイトが多いのですが、その中でも目に付くのが、目次が付いているサイトです。

いいなー、いいなー、と思いつつも、きっとそういうテンプレートがあるんだろうなくらいにしか思っていなかったんです。

しかし、これ、テンプレートではなく、プラグインだったんですね!

プラグインを導入するだけで目次が作れちゃう!そう、WordPressならね!

てなわけで、当サイトでもプラグインを導入して目次に対応しちゃうことにしました!

スポンサーリンク

WordPressに目次を付けるプラグイン!Table of Contents Plus!

既に書いていますが、今回導入するプラグインは、「Table of Contents Plus」というプラグインです。略して「TOC+」と呼ぶようですよ。

他にもあるのかもしれませんが、いくつか調べても全部これでした。

そして、このプラグインで問題なく動作しているので、深くは追求せず、右へ倣えでこのプラグインを導入しますよ!

まずはインストール

WordPressのプラグインのインストールは簡単ですね。

管理画面から「プラグイン」-「新規追加」を選び、検索窓に先ほどのプラグイン名「Table of Contents Plus」を入力すれば、簡単にみつけることが出来ます。

table_plug1

さっそく「インストール」を押して、インストールしちゃいましょう。

TOC+の設定

では次に設定を見ていきます。基本的にはほぼデフォルトなのですが、一部変更する項目があるので要注意ですよ!

インストールを済ませていれば「設定」の中に「TOC+」という項目が出来ているはずですので、これを選択しましょう。

table_plug2

もしくは、「インストール済みプラグイン」から「Table of Contents Plus」の「設定」を選択しても構いません。どちらでも同じ画面になります。

table_plug3

まずは前半の設定から見ていきます。

表示する場所

お好みで選択してください。まずはデフォルトで様子を見ればいいでしょう。

表示条件

は、設定した数より見出しが多い時に目次を作成します。デフォルトは4でしたが、当サイトでは最小値の2に設定しました。

次の投稿タイプのときに表示

ここが要注意です。

デフォルトでは「page」だけにチェックが入っているのですが、これだと固定ページにしか目次が付きません。通常の投稿ページに目次を付ける場合には「post」にもチェックを入れてください!

見出しテキスト

デフォルトで問題ないでしょう。

「初期状態非表示」にチェックがついていないことを確認しておけばいいです。

階層表示

Hタグを階層で表示してくれます。デフォルトでチェックが入っています。

番号振り

項目の先頭に数字が付きます。好みの問題ですが、チェックが入ったままでいいでしょう。

table_plug4

一気に後半も行きます。

スムーススクロール

目次の項目をクリックしたときに、目的の場所まで一気に飛ぶか、ゆっくりとスクロールしながら飛ぶかの設定です。好みでいいでしょう。

デザイン

設定項目がありませんでした。なんなんでしょうか?

横幅

デフォルトで問題ないでしょう。

回り込み

目次の左右に回り込みを設定できますが、通常は「なし」でいいと思います。

文字サイズ

デフォルトで問題ないでしょう。

デザイン

お好みで選択してください。当サイトでは面倒なのでデフォルトのままです。

上級者向け

触らぬ神に祟りなし。

表示してみるだけなら祟られないです。

以上、設定が終わったら、「更新」を押して終了です。

お疲れ様でした!

目次の効果は?

インストールから設定まで、書くと長いですがほぼデフォルトですので、実際の作業はあっという間です。

もう、あなたのサイトには目次が表示されているはずですので、自分の目で確かめてみましょう。

目次があることで、長くなってしまった記事にも、どんなことが書いてあるのかがわかりやすくなった気がします。

そのかわり、しっかりとした見出しを付けて文章を書かないと、わけのわからない目次になってしまいます。

おっさんは文章力がありませんので、往々にして、意味不明な目次となっています。

これからは、目次の構成をしっかりと意識して記事を書いていかないといけなくなってしまいました。