横浜マラソン2015公式サイトまさかのダウン予告!?

a0002_000157_m

今週末の日曜日、2015年3月15日は、横浜マラソンの日です。

今年が第一回の開催となるこの横浜マラソンですが、公式ページにダウン予告があったのでご紹介とともに、そこに書いてあった対処策も記述しておきますね。

スポンサーリンク

横浜マラソンとは

そもそも横浜マラソンとはどんなものでしょうか?

「誰でも参加できる「誰でも参加できるフルマラソンを実施して欲しい」との市民からの熱望により、1981年に、市内中心部を走る「横浜マラソン大会」としてスターと。このときは10km、20kmの2種目でしたが、92年からはハーフマラソンも追加されました。2009年からは、トップランナーに限定した「横浜国際女子マラソン」が開催されてましたが、市民が気軽に走れる市民マラソンとして、ついにフルマラソンが実現!それが、「横浜マラソン」なのです!

「する、観る、支える」をメインコンセプトとし、すべての人が楽しめる大会が、横浜マラソンです。

何か特別なの?

横浜マラソンは、コースにも特色があります。
横浜の景色を十分に楽しめるよう、パシフィコ横浜や赤レンガ倉庫、神奈川県庁本庁舎、横浜スタジアム、横浜中華街、山下公園、三渓園などなど、横浜観光で聞いたことのある場所ばかりではないでしょうか?

また今回は、ゲストもすごいですよ!
横浜出身の有名人が、ゲストとして走ります!

10kmマラソンでは、俳優の谷原章介さん、お笑いタレントの間寛平が、フルマラソンでは、俳優の鶴見辰吾さんが、ゲスト参加しますよ!

また、大会アンバサダーとして、剛力彩芽さんが応援に駆けつけるそうです。

公式サイトについて

マラソンコースやその他の情報は公式サイトを見るとさらに詳しく書いてあります。

横浜マラソン2015

また、当日役に立ちそうなサイトへのリンクもあるのですが、ここで注意。

大会当日には、この公式サイトへのアクセス集中の恐れがあるので、事前に、お役立ちサイトへのリンクをブックマークしておいた方がよいと書かれているのです!

当日になって慌てないように事前にブックマークしておけば安心ですね。

ブックマークを忘れた人のために、お役立ちサイトへのリンクを貼っておきますので使ってくださいね。

応援ナビ
パソコン・スマートフォン・タブレットを利用して、スタートしたランナーの予測位置情報を地図上で確認できるサービスです。大会当日にコースを先回りして、ご家族やお友達を応援するのに便利です。

記録速報
ナンバーカードまたは氏名から、計測地点ごとの通過記録を調べることができるサービスです。ご家族やお友達の記録も確認できます。

なお、どちらのサイトも今はまだ機能していないようですので、当日アクセスしてみてくださいね!

スポンサーリンク