iPhone 6でApple Payを設定してみた

シェアする

どうも、おっさんです。

みなさん、Apple Pay使ってますか?

今回の新型iPhoneでの一番の機能で、みんなからの期待も大きい機能なので、既に使っている人も多いかもしれません。

しかしながら、一番利用したい非接触による決済である、iD、QUICPay、さらにはsuicaも、今年発売されたiPhone 7、iPhone 7 plus、またはApple Watch 2がないと利用できないんですよね。

iPhone6以降ならApplePayの一部機能は対応するのですが、それはアプリケーションおよびウェブ上での決済のみ。

現在発表されている情報では、普段使っているようなアプリやウェブは含まれていないようなので、実際に利用する場面はかなり少なそうです。

iPhone 6でApple Payを設定しても実際に利用する機会は少なそうですが、まずは小手調べということで、iPhone 6でApple Payを設定してみました。

スポンサーリンク

Apple Payを軽くおさらい

10月に始まった日本版Apple Payですが、詳細はAppleのサイトや各種情報サイトが詳しく紹介してくれているのでここでは軽くしか説明しません。

最初にも書いた通り、使用できる機種が現状ではかなり限られていますので、自分の持っている機種が対応しているのかを確認しましょうね。

applepay03

交通機関と書かれているのが「suica」、店舗が「iD及びQUICPay」ですね。

iPhone 7ならばすべての機能が使えますが、iPhone 6やiPhone 6sの場合はsuicaもiDもQUICPayも使えず、オンライン決済にしか使えません。

オンライン決済でApple Payが使えるサイトが紹介されているのですが、残念ながらおっさんは利用する予定のないものばかりでした。

applepay04

ちなみに、店舗での電子決済に使う場合には、以下のマークがあるところで使えます。

もちろん、iPhone7など、端末が対応している必要がありますよ。

applepay02

Apple Payで使えるクレジットカードを整理

公式サイトの情報でさえ何度か変更が入っているらしく、情報がかなり錯綜している気がします。

ここで、実際に利用できるクレジットカードを調査してみます。

Appleのサイトでは以下のように紹介されていました。(2016年11月5日調査)

applepay01

以前は、クレジットカードの国際ブランドも掲載されていたのですが、いつの間にか消されてしまったようです。

その際には、JCB、MasterCard、AmericanExpressが載っており、VISAは載っていませんでした。

どうもその図の読み方がややこしかったために情報を削ったようですが、そのため余計に混乱を招いているような気がします。

情報を整理すると、上の図にある会社が発行したカードであればApple Payに登録することが出来ます。そして、電子マネーとして、iDかQUICPayが、発行会社ごとに決められていてそれが利用できるようになります。また、オンライン決済手段としては、JCB、MasterCard、AmericanExpressのカードで利用することが出来ますが、残念ながらVISAのカードはオンライン決済には対応していません。

ただし、SUICAで利用する場合は、JR東日本が出しているSUICAアプリを利用することで、VISAのカードでも問題なく利用できます。

先述のように、オンライン決済で利用できるサイトはまだまだ少ないですから、VISAのカードしか持っていなくても、現状ではそんなに困らないと思います。

iPhone 6でApple Payを設定する

iPhone 6でApple Payを設定するとどうなるのか?

使えるカードを調べる意味も含めて、やってみました。

Walletアプリを開いてApple Payの登録を始めます。

IMG_0101

右上の+マークをクリックして先に進みます。

IMG_0100

「次へ」を押すとすぐにカード読み取り画面になりました。SUICAには対応していないので、カードの種類を選択する画面はないようです。

IMG_0102(2)

まずは手持ちのカードから、三井住友VISAを読み込んでみました。

applepay05

するとこんな表示に。

三井住友VISAカードは、iD決済にのみ対応となっており、オンライン決済は利用できません。

そのため、iD決済が利用できないiPhone 6では何の機能も利用できないことになるため、カードの追加も出来ないということのようです。

続いて、JCBカードを追加してみました。

カメラでカードを読み取り後、うまく読み取れなかった情報や、セキュリティコードを入力するとカード認証となります。

applepay06

カードによって選択肢が変わるようですが、ここではSMSを選択しました。

applepay07

SMSで届いた認証コードを入力すれば登録完了。

Walletアプリで開くと登録したカードが出てきました。

applepay08

QUICPayのマークはついていますが、iPhone 6では利用できません。そのため、「このカードは店舗では利用できません」としっかりと書かれていました。

ちなみに、iOSを10.1にする前にもカード登録を試しましたが、その時にはiOSのバージョンを上げてください、といった内容のメッセージが表示されましたよ。(スクリーンショット取り忘れました)

まとめ

今回、お試しということでiPhone 6でApple Payの設定をしてみました。

iPhone 6では電子マネーが利用できないため設定してもほとんど意味はありませんが、オンライン決済が利用できるカードならば登録が出来ることが確認できました。

今後、オンライン決済が使えるサイトが増えてくれば、iPhone 6でのApple Payも利用価値が出てくるかと思います。

とはいえおっさんは、iPhone 6の支払いがちょうど10月で終了しましたので、11月に入ってすぐにiPhone 7へ機種変更してきてしまいました。

次は、iPhone 7でのApple Payの設定について記事にしたいと思いますので興味がある人はそちらも読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

関連記事