人気のクーポンブック2冊、ランチパスポート横浜版と横浜半蔵を比べてみた!

a1180_015524_m

大人気のクーポンブック、ランチパスポート横浜版横浜半蔵ですが、みなさん、既に購入してお得してますか?

ランチパスポート横浜版Vol.1、4月30日ついに発売!
みなさん、ご存知ですか?ランチパスポート! もちろん知ってますよね! 掲載されているお店のランチが、なんとすべて500円になってしまうと...
なんでも半額!クーポンブック横浜半蔵の威力
やられました! 先日紹介したランチパスポート横浜版ですが、それ以外にも同じようなコンセプトの本が発売されていました! しかもこちらは...

まだ買っていないというあなた!

横浜に遊びに行く予定があって、しかも、お店にあまり詳しくないのであれば、どちらかは購入したほうがいいと思いますよ?

どちらも横浜のマップが付いていますし、写真付きでお勧めのお店が紹介されており、そのお店のランチやディナーがお得に楽しめてしまうんですから!

しかし、さすがに2冊買うのはもったいないな~と思ってるあなたのために、2冊を比較して、それぞれの違いや、どちらがお勧めなのかを探ってみましょう。

※追記 2015.11.14

以下の記事は既に有効期限の切れた本の紹介となっています。

現在は新しい有効期限のランチパスポート、横浜半蔵が発売されています。記事の最後にリンクを貼ってありますのでよかったらそちらから別記事も読んでみてください。

スポンサーリンク

ランチパスポート横浜版と横浜半蔵の比較

まず、それぞれのクーポンブックの特徴を比べて見ましょう。

  ランチパスポート横浜版Vol.1 横浜半蔵 (vol.3)
価格 1,000円 980円
店舗数 80店舗 82店舗(食事以外もあり)
時間帯 ランチタイム ランチ&ディナータイム
(店舗による)
割引度 全て500円 全て半額
使用期間 2015年4月30日~7月29日 2015年4月23日~8月31日

価格と店舗数は互角か?しかし時間帯をみると?

まず気になるのは、どちらのほうが沢山のお店が載っているのかと言う点。

1,000円で80店舗と、980円で82店舗。数字だけ見ると横浜半蔵が一歩有利かと思われますが、ちょっとまってください。

実は横浜半蔵は、ランチ&ディナー以外、エステやマッサージのお店なども紹介しているため、食事をするお店の数で比較すると、82店舗よりも少し減ります。

そのため、ランチパスポートを利用したほうが、沢山食べることが出来るかもしれません。

しかしながら、ランチパスポートは、その名のとおり、ランチでしか利用することが出来ません。

対して、横浜半蔵は、ランチを提供するお店もありますが、ディナーで使用可能なお店も結構掲載されています。

これはつまり、昼間はランチのお店、そのあと横浜で遊びまくり、再びディナーで違うお店で使用するといった、一日に複数回使うという手段があります。

この使い方ならば、横浜には滅多に行かないしな~という人でも、一日遊びまわるだけで完全に元を取ってしまうという利用パターンが簡単に作れてしまうんです!

割引や利用期間をみると?

実際にいくらくらいお得になるんでしょうか?

ランチパスポートは、掲載されているメニューは全て500円になります。

平均的には800円から900円といったところのようですが、中には1200円や1300円と、1000円超えのメニューもあり、もちろんそれが500円で食べられますので、一回あたり、300円~800円くらいのお得と言うことになります。

では、横浜半蔵ではどうでしょうか?

こちらは、掲載メニューが全て半額です。

安いところでは、700円くらいのメニューも載っていますので、それを利用した場合は300円ちょっとのお得と言うことになります。

しかし忘れてはいけません、横浜半蔵はディナーメニューの載せているお店もあります。

中華街のあるお店では、なんと、7000円以上するコースが掲載されています!

と、言う事はですよ?

横浜半蔵を利用することで、一回でなんと、3500円以上もお得になってしまうんです!

この店を利用するなら、お店に行く途中で横浜半蔵を買ってから行ってもそれだけで元が取れてしまうというコストパフォーマンスです。

驚き以外、出てくる言葉がない感じですね。

また、ランチパスポートに比べて、横浜半蔵は約1ヶ月長く利用することが出来ますので、それだけ多くのお店で利用できると考えることも出来ますね。

最終的にはどっちがいいの?

ここまで見てみると、圧倒的に横浜半蔵の勝利に見えてしまいますね。

実際、どちらかしか購入しないのであれば、横浜半蔵でいいのかもしれません。

しかし、気をつけないといけないのは、食事でお得をしようと考えている場合、横浜半蔵には、飲食店以外も掲載されているため、実質的な掲載店舗数はランチパスポートよりも少ないということです。

それでも、ディナーでも使えることを考えると、やはり横浜半蔵が有利ですかね。

では、ランチパスポートはダメなのか?

そんなことはありません。

特に、横浜で勤務していて、ランチタイムはいつも外に食べに出ていて、ランチパスポートに掲載されている範囲にお勤めならば、毎日ランチに行けるわけですから、携帯店舗も多く、どれでも500円という均一料金はお財布に優しいですね。

どちらの本を買うか迷っていた人は、自分がどんなシチュエーションで利用するのかを考え、ランチパスポートと横浜半蔵、どちらを購入するかを決めてみてはいかがですか?

※追記 2015.11.14

ランチパスポート、横浜半蔵共に、上で紹介しているものは期限切れとなっています。

現在の最新刊は、それぞれ以下の記事で紹介しています。

横浜半蔵 Vol.4は絶賛予約受付中!買うならお早目に!
先日速報でお伝えした、横浜半蔵 Vol.4ですが、早速ネット上で予約販売が開始されています。 前回の横浜半蔵を購入した人も、購入しなか...
大人気!ランチパスポート横浜版の最新刊(Vol.3)は少し違う!?
こんばんは、おっさんです。 大人気のランチパスポート横浜版のVol.2も先月末で有効期間が終わってしまいました。 前回、ランチパスポート...