お盆休みの間に古いパソコンを処分した話

シェアする

こんにちは、おっさんです。

おっさんが現在使っているPCは数年前に組んだ自作PCなんですが、それ以前に使っていたPCも自作のPCでした。

実はその自作PC、ちょっとした遊びでLinuxを入れて遊んだりするためにしばらく捨てずに取っておいたんですが、結局捨てるタイミングを見失ってしまい、今までずっと床に放置してあったんです。

この度重い腰をあげて、ようやく古い自作PCの処分をしましたのでその話です。

スポンサーリンク

PCは勝手に捨ててはいけません!

a0006_001680_m

昔使っていたパソコン、勝手に捨ててはいけないことは知っていますか?

かなり昔は、適当に粗大ごみなどで捨てればよかったのですが、2003年以降、PCリサイクル法という法律が出来、パソコンは勝手に捨ててはいけなくなりました。

パソコンには希少な資源が沢山使われているので、ちゃんとリサイクルを行うため、定められた業者による回収、リサイクルが法律で義務付けられたんです。

2003年以降に購入したメーカー製PCなどには、PCリサイクルマークというシールが貼られており、既にリサイクル料金を払っていますので無料でメーカーに回収してもらうことが出来ます。

ただし、それ以前のPCや、自作PCなどにはそのようなシールは貼られていないので、リサイクル時にお金を払って回収してもらう必要があるんです。

とはいえ、古くてもう誰も使わないようなPCを捨てるのにわざわざお金を払うのは正直嫌ですよね

そこで登場するのがパソコン回収業者です。

回収業者は何処が安心か?

パソコン回収業者にお願いすると、ほとんどの場合、無料でパソコンを引き取ってくれます

パソコン回収業者へ宅配便で送付することで回収してもらうことが多いのですが、なんとその送料まで無料で送ることが出来ることが多いです。

この場合、完全無料でパソコンの処分が出来ちゃいます!

さて、そんなパソコン回収業者ですが、ネットで検索するとかなりたくさん出てきます。

しかも、同じような名前のところも結構あり、頭が混乱してきちゃいます。

そんな数あるパソコン回収業者の中から今回選んだのは、【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン> です。

東証マザーズに上場されおり、国に唯一認定されている宅配便回収サービスということで、かなり信用できると思ったからです。

利用方法も簡単で、申し込みはネットで簡単に出来ちゃいました。

必要なものは、送りたいものと、それを梱包する段ボール箱

段ボール箱がない場合は、有料ですが段ボール箱を送ってもらうサービスもあるようです。また、段ボール箱ではなく袋などに詰めて送っても大丈夫なようですよ!

キャンペーン中のため、パソコン1台につき1箱が送料無料となり、その箱の中にはパソコン以外にも約400品目のものを一緒に入れて回収してもらえます

おっさんは、ずっと使っていないプレイステーション2と、古くなった無線LANルーターを一緒に送ることにしました。

回収業者に依頼する前に

PAK87_HDDDRILL220141221152630_TP_V

さて、パソコンを処分する前には、やっておくべき大事なことがあります。

それは、ハードディスク(HDD)に入っているデータの消去です。

リネットジャパン では、データ消去のサービスが有料で用意されていますが、せっかく無料で処分できるんですから、データ消去にお金をかけたくないですよね。

実は無料でデータ消去する方法もしっかりと用意されているんです。

自分で行う必要がありますが、専用ソフトをダウンロードすることで簡単にデータ消去が行えます

回収申し込み時にソフトのダウンロード方法が案内されますので、その専用ソフトを使ってハードディスクのデータ消去を行えばいいでしょう。

ただし、数時間から一晩、場合によってはそれ以上と、データ消去にはかなり時間がかかりますので、データ消去をこれから行う場合は、回収依頼日に余裕を持たせる必要があるので注意してください!

最後に

実は、さっき回収を申し込んだばっかりなので、まだパソコンは手元にあります。

データ消去は事前に済ませてあり、もう梱包も済んでいます。

あとは回収依頼日に、佐川急便が自宅まで取りに来てくれる予定です。

なお、発送用の伝票もこちらで用意する必要はないというのが、細かいところまでサービスが行き届いていると感じられました。

ネットで申し込んで箱に詰め込んで待ってるだけ。こんな簡単ならもっと早く処分しておけば、妻に怒られる回数も減らせたのにと思いました(笑)

 

関連記事
スポンサーリンク

シェアする