今更ながらふるさと納税をやってみた

シェアする

こんばんは、おっさんです。

ここ数年、ふるさと納税が話題ですよね。

でも、実際にやったことがある人ってどのくらいいるんですかね。実はおっさんもふるさと納税したことはありませんでした。

今年こそはと思い、ついにふるさと納税を実際にやることができたので、その方法などをまとめます。

スポンサーリンク

ふるさと納税ってなんだ?

基本的なことですが、ふるさと納税って一体何でしょう?

よく言葉は聞くんですが、ちゃんと説明できるかと聞かれるとなかなか難しい。

簡単に説明すると、普段自分の住んでいる地域に納税している税金を、自分の指定した地域にかわりに納税するシステムです。

納税先が変わるだけですので、ふるさと納税制度には節税効果はありません。たまに「ふるさと納税で節税する」といった記事を見ますが、これは大嘘です。

では何がそんなにお得なのかというと、納税することにより返礼品がもらえる自治体があり、その返礼品に魅力的なものが多くあるために、返礼品がもらえることがお得だということなのです。

ふるさと納税にはいくつか注意点がありますが、一番大事なのは、人それぞれ、最もお得になる納税限度額が違うということです。実際の限度額はふるさと納税サイトなどで目安の計算が出来るようになっているので、それを参考にすればよいと思います。

返礼品で選んでみた

実際にふるさと納税をするにしても、ではどの自治体にふるさと納税するのかは悩みどころです。

自分の出身地に納税してもいいのですが、せっかくなので返礼品が魅力的なところに納税してみることにします。

人気なのはやはり食品らしく、和牛や加工肉、魚介類などからお米まで、各地で返礼品を用意しています。

そんな中で気になったのが、長野県飯山市でした。

実はここ、マウスコンピューターのノートPCなどが返礼品に含まれているんです。

さっそく長野県飯山市のふるさと納税を調べてみました。

タイミングにより返礼品の品切れや追加があるようなのですが、おっさんがチェックした時にはちょうど返礼品が追加されたばかりのようでした。

なお、ふるさと納税サイトはたくさんあるのですが、ここで扱っている返礼品は決まったサイトからしか申し込みできないようでした。それが、ふるさと納税サイト「ふるなび」でした。

もらった返礼品は、これだ!

ふるさと納税サイト「ふるなび」で長野県飯山市にふるさと納税をし、返礼品として選んだのはマウスコンピューターのタブレットPC MT-WN1001 です。

かなり前からモバイルPCが欲しくてずっと情報収集していたのですが、2in1は全く候補に入れていませんでした。

しかし、ふるさと納税で実質2000円でもらえるのならば、今はやりの2in1に手を出してみるのも面白いかもと思いこれに決めました。

返礼品の数に限りもあるためいつも同じ返礼品があるとは限りませんが、飯山市の返礼品でPCが欲しい人はチェックしてみるといいかもしれません。基本的に月初に見直しが入っているようです。

おっさんは11月にふるさと納税を行い、2週間ちょっとで返礼品を受け取ることが出来ました。

今この記事も、いただいたMT-WN1001で書いています。

これからはこの2in1タブレットを使ってリビングでブログを書くことが出来そうです。

ふるさと納税は年度ではなく年で区切られていますので、2016年のふるさと納税は12月末までです。また自治体によって締め切りの時期も変わって来るらしいので、もしふるさと納税をしようとしているならば早めに実施したほうがいいですよ!