ふるさと納税でもらったMT-WN1001を開封する

シェアする

どうも、おっさんです。

先日お伝えした通り、今年初めてふるさと納税を行い、その返礼品としてマウスコンピューターのMT-WN1001という2in1タブレットをいただきました。

発売から1年程立っているためすでに多くのサイトで紹介記事も書かれており、今更感満載なのですが自分用のメモのつもりで、MT-WN001を開封した際の様子を記事にしておきます。

スポンサーリンク

MT-WN1001のパッケージ

ふるさと納税をしてから2週間ほどたったある日、宅配ポストに荷物が届きました。

待ちに待った、返礼品が届いたのです。

さっそくパッケージから見てみます。

IMG_0264

シンプルですがかなり丈夫なパッケージとなっています。

また、箱だけでOfficeMobileが使えることがわかりますね。

正直、もっとチープな、普通の茶色い段ボールを想像していましたので、このパッケージを見たときにちょっとだけテンションがあがってしまいました。

では、フィルムをはがして箱を開けていきます。

MT-WN1001の箱の中身

箱を開けると、まずは注意書きが乗っていました。

IMG_0266

電源の入れ方など、数枚の注意書きがありました。本体の上に乗せておけば、必ず目に留まりますからね。

さっと眺めつつ紙をどかし、本体とご対面。

IMG_0269

出てきました。これがMT-WN1001本体です。丁寧に取り出して、その下も確認しておきます。

IMG_0270

光っててわかりにくいですが、キーボードカバーが入っていました。右側の白い部分には、ACアダプタや変換コードが入っていました。

IMG_0272

ちなみに本体の液晶には、各種注意書きなどが書かれた保護シートが貼ってあり、これをはがすと、一般的な液晶保護フィルムが貼られている状態となっています。

別途液晶保護シートを買う必要がないので非常に親切だと思います。

MT-WN1001の使い心地

MT-WN1001のスペック等は、公式サイトや検索すればいろいろ出てくると思うので今更ここには載せません。手抜きですごめんなさい。

実際の使用感ですが、そこそこ快適です。

メインPCのデスクトップマシンとはスペック差が大きくやはり見劣りしますが、モバイル用途の2台目PCとして考えた場合、かなり使えるPCとなるのではないでしょうか?

重さはキーボードカバーを含めても1kgともち運びにも便利ですし、バッテリーも6時間程度は持ちますので、夜中に充電しとけば日中は特に電源を持ち歩かなくても大丈夫そうです。

今はまだOfficeMobileを使用していないのですが、ブラウザでWEBサイトを閲覧する分には特に不自由は感じません。サイトによってはちょっと表示に時間がかかることもありますが、十分許容範囲でしょう。

コストパフォーマンスを考えると、かなり使い勝手のよいPCだと思います。

しかも、ふるさと納税の返礼品でいただいていますので、実質2000円で手に入っていますしね。

これからどんどん使っていきますよー!

スポンサーリンク

シェアする

関連記事